×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小さい胸で悩んでいるなら〜バストアップが成功する秘訣〜

胸は大人になっても大きくなるの?

 

 

 

女性にとって、美しく豊かな胸はどうしても手にしたいという憧れのももと思っている人も多いと思います。

 

この切実な願いは、歳を重ねても変わることはないと思います。

 

それだけ、胸は女性らしさの象徴であり、いくつになっても手に入れたいものなのです。

 

胸を大きくするのができる歳や胸が大きくなるのに必要な要因はたくさんあります。

 

女性の胸の成長についての基礎知識を、ここにまとめてありますので、参考にしてみてください。

 


胸が大きくなるのは何歳まで?

この頃のリサーチでは、胸の成長には年齢ではなく「初経」の時期が深く関わっているとされています。

 

初経の前後約4年間で胸の大きさや形が形成されると言われています。

 

胸の成長・変化の過程は、次のようになります。

 

1.初経の1年以上前から:乳首周辺が膨らみ始める

 

2.初経前後:胸全体(乳房)の膨らみが横に広がり始める

 

3.初経後1〜3年未満:胸全体的に丸みが出てきて、膨らんでいく

 

4.初経の3年後以降:丸い女性的な胸の形が形成される

 

このポイントを想定すると、成長の過程で乳房の形がほぼ完成する「初経の3年後」と言われています。

 

初経の年齢は10〜15歳・早いと9歳から始まるなど、個人差がありますので、、胸の成長期は人それぞれになってきます。

 

胸が大きくなるには乳腺で作られる「ラクトゲン受容体」と、成長期に分泌が多くなる「成長ホルモン」が強く関係しますが、胸の大きさには「女性ホルモン」が強く関係してきますので、成長期が終わったからといって胸が大きくならないということはないようです。

 

そのため、胸の成長時期は初経が始まったときに左右されますが、胸を大きくするのに必要な女性ホルモンは、大人になってからも分泌されるので、成長期を過ぎても胸を大きくすることができます。

 

大人になっても胸を大きくすることはできるの?

女性の胸が一番大きくなるのが、20歳前後と言われています。

 

20歳前後の女性の身体はまだ大人の身体になっているとは言えない状態で、まだまだ未熟で脂肪もつきにくいと言われています。

 

胸に脂肪がつき、柔らかく女性的で魅力的な胸となるのは、むしろ20歳を過ぎてからという場合も多く見られるため、成長期が終わった20歳以降の女性のほうが胸を大きくするのに適している場合もあります。

 

 

また、胸の大きさは女性ホルモンの分泌量が深く関わっているため、女性ホルモンの量を増やすことができれば、何歳になっても胸が大きくできると言われています。

 

とはいえ、閉経後は女性ホルモンの分泌量がすごく減ってしまいますので、実際には閉経までが胸を大きくできる期間だと言えます。

 

逆に、閉経までは何歳になっても胸を大きくすることはできるのです。

 

また、女性の胸は乳腺や大胸筋の発達をうながすことで胸を大きくすることができます。

 

胸を大きくするマッサージや大胸筋トレーニング、食生活の改善やサプリメントでの栄養摂取などの対策を行うことで、胸を大きくするだけでなく、ハリのある美しい胸を手にすることができるということも知っておいてくださいね